FC2ブログ
春夏秋冬
なにげなく毎日を送っている
どこにいてもそこでの日常がある
新しいと思っていた環境もいつの間にか普通になっている
見えるもの、聞こえるものすべてが普通になっている
その中で暮らす自分の日常も
まるでもともとそこでずっと暮らしていたかのように
そんなとき電話がなった
懐かしい声がして
懐かしい言葉の音を聞いて
うれしさとさみしさが混じって
やっぱりここにはないものを想って
遥かな距離を感じて
しみじみ故郷を想う
秋の夜長


どこからでも同じように見えるおつきさま
先週の中秋の名月、まんまるのきれいなおつきさま。
DSCF2659.jpg

スポンサーサイト



今日は図書ボラ仲間のひとりに元ピアノの先生がいて、
コード奏法を教えてもらいにおうちへ行ったときに、
玄関に大仏の置物があって、「鎌倉の大仏」エピソードを聞いた。

「鎌倉の大仏がなぜ外にあるか?」

「それは、昔、大津波によって建物がさらわれ、大仏だけが残った。
今残ってる塀のようなものは実はかつてあった建物の外壁だということ。
そして、大仏も最初は金ぴかだったらしい。」

私には初耳だった。
建物はさらわれたけど、大仏はさらわれなかった。なんてご利益あるわ!
って思いました!
それほどの大きな津波が来たということ。

ちなみに5年生のときマァが1泊で行った移動教室は静岡だったけど、
今年の5年生は長野へ行かざるを得なくなったということです。
それは子どもたちが宿舎として使わせてもらっていたホテルが
今回の津波想定ではまるまる飲み込まれてしまうという想定になったから
だそうです。教育委員会、校長先生みなさんが議論しまくり出した変更だそうです。
何事もなく無事行けたことに感謝。
そして、6年生のマァは
今年はこの前の日曜日から2泊3日で栃木県日光市へ修学旅行に行ってきました。
栃木県も最近震度4くらいの地震が起こったりしているので心配もあったけど、
梅雨の合間の晴れ間にも恵まれて楽しかったようです。



コード奏法を早くマスターして
サザンの曲弾くぞ!って大仏様からサザンの話になって〆
 2013.07.03  recently
最近ブログの内容を少し違う方向へ向けてみた。
子どものことや家族のことから自分自身の生活や思いなどを綴ってみて、
そして気づいた。というか気づいていたんだけど気づかないふりをしていたのかも。。。
いろんなことがある中でいつもポジティブにいたいと思いながら
がんばっている自分がいる。
でも、本当はなんがちょっと疲れてる自分がいるってこと。
こんな時はどーすればいいのだろう!!!
ちょっとだけここにつぶやいてみたらすっきりするかも・・って思ったり。
ここにしかつぶやく場所がないのか~?って思ってみたり。
ふぅ~
誕生日。最近、書画家の田中太山先生の影響を確実に受けている子どもたち。

マァから。。太山先生の笑文字ならぬ、ハート文字。

rps20130620_083108_226a.jpg

ありがとう。

こどもの日イベントから個展、父の日お酒手描きラベル販売イベントまで、
東京であるイベントにかかさず行ってきました。
いつもいつも元気になれる言葉と太山先生の素敵な笑顔をいただいて
パワーをもらって帰ってきます。
子どもたちもいろんな言葉を読むのが好きで、最近は筆ペンを欲しがり
家でもよく描いています。

基礎ができている美しい字でなくてもいい。
大切なのはその言葉を書いたその時の気持ちを想像し、感じる。
そして共感できること。
そしてそんな言葉を書いてくれた娘に感謝!

またひとつきれいな歳を重ねていきたい。。。と思い、
今日またピアノの新たな目標を立てたところです。
今までやろうとしなかったコード奏法を習得すべく本日スタートしました。
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力