FC2ブログ

引っ越しすることで、やっぱり一番つらいことは、


さよなら


です。


DSCF4555a.jpg
最後の日。先生と・・涙涙のさよなら。

DSCF4566.jpg

クラスのお友だち全員が描いた絵をつづったプレゼント。
先生が作ってくれたマァの似顔絵。とってもよく似てます!

いろんな先生と、お友だちと、記念写真をとって
さよならしました。

そして、引っ越し当日までに他の幼稚園の仲良しのお友だちと遊ぶ時間を作って
いろんな人と、


See you again.


の約束をしてさよならしました。


マァのお友だちのお母さんは私の大切な友だちでもあります。
マァをとおしてお友だちになったママたちとのお別れも私にとって
とってもつらいものです・・・ほんとに涙涙でした。


引っ越し当日はこどもたちを入れて、17人ほどの人にお見送りしてもらいました。


転勤で4年半住み着いたこの場所でこれだけのつながりができたことにも感謝でした!

準備期間が少なかっただけに、
引っ越し当日もあれこれとたくさん残っていて、
予定の時間を大幅に遅れながらもなんとか無事トラックに積み込みました。
荷物の中でもとっても大切に美術品として扱われていたもの・・
これです141書画、人生満点

ほんとに時間がかかりました。
その間マァとサァはお手伝いに来てくれたおばあちゃん(義母)が外に連れ出してくれ、
他の子どもたちと遊んでいてくれました。

そして新天地へむけて出発しました。


新しいところでは今度は箱から物を出すことが大変でしたが、
こちらは期限がないので余裕を持ちながら進めました。


幼稚園の入園手続きなど、新しいところでも毎日バタバタでしたが、
こうしてネットがつながり、ブログも再開できるまで生活は落ち着きました。

こんな引っ越し劇がこれからも何度か経験する我が家。

しばらくここでの生活を堪能しましょう・・・
またまたいろんな人たちとのつながりを楽しんでいきましょう・・・
そんな日々の何気ないお話少しずつアップしていきますので
これからも応援していただければとっても嬉しいです!


そしてこのクリックも大きな喜びになります22banner_02.gif22Thank you!!


DSCF5683.jpg
シャボン玉大好き!サァも上手にできるようになりました。
幼稚園で遊具からころんでおでこにたんこぶをつくって帰ってきたサァ。
冷えピタはって、名誉の負傷なり。

DSCF5696.jpg

酸欠になりそうなこの表情!?顔よりでっかいのできたね。

今日も長々とおつきあいありがとうございました!



スポンサーサイト



 2007.06.15  初1日保育

引っ越しまで10日・・・ようやく段ボールが届きました。


段ボールがなくては荷作りならず・・・。


さて一気に片づけてしまおうか、と言いたいところでしたが、


なんと言ってもまだ1歳10ヶ月の下娘。


とても思うようにははかどりませぬ。涙;;


そこで協力願ったことは、マァの保育園で1日羽をのばしてきてもらおうと・・・


でもこれがサァにとって初めての経験でした。


そのときのお話はこちら、前の家にいる間に記録し続けていた別ブログ
Hi, How Are You?にあります。


なんと言っても初保育園で朝8時半から夕方4時半まで私の元を離れ、
気になりつつも一気に動き回る母でした。
おかげではかどるはかどる・・この1日があったおかげでかなりの荷造りが
できました。ありがとう!サァ。
それにしてもなんとあっという間の1日だったのでしょう・・・。

4時半、お迎えに行きました。

どうだったんだろうと先生の話を聞くのがとっても楽しみである意味わくわくしながら
行きました。

そこでサァ、玄関に登場。

先生にだっこ・・ではなく、ちゃんと自分のくつを持って歩いてやってきました。
私の顔を見てもなんか普通で・・おかあちゃ~ん409と手を伸ばしてきてくれる図、
想像していましたが。。。

先生曰く、

「在園児以上に遊びまくってましたよ。
そして、眠くなってぐずり始め、泣きながらエビぞりになって先生に蹴りをいれたかと
思ったらコテ~って寝てしまって、起きてからはまたよ~く遊んでいました。
普通は初めてで1日預かりだと、午後からはちょっと帰りたいモードになってへこむ195もの
なんですけどね。サァちゃんはま~ったく平気でした!うんちももりもりしましたよ。」

と話してくれました。

そして、先生からいただいたお手紙と

DSCF4548.jpg

かなり貴重な時間をいただきましたよ・・3100円な~り!
はい、時は金なり。

おみやげ、いただいちゃいましたよ~294
とても残しておけないので・・記念撮影。

DSCF4547.jpg

こうして、この1日のおかげでなんとかめどがつき始めた我が家だったのです。

それでも出てくる出てくる・・・いろんな物の数々

やるしかないって夜な夜ながんばりました。

引っ越し荷造りは引っ越し当日までかかりました。

ねぎらいのクリックいただけたら嬉しいです!141banner_02.gifThanks!!

こっちへきてすっかりおちついた子どもたちです。
広い部屋を走り回り、時にはこうやって落ち着いて本を読んでくれたりと、
こどもって毎日毎日「今」と「未来」を見ているもので、
「過去」にはあまりこだわらないものですね。

DSCF5605.jpg

あまがえる。

DSCF5656.jpg



住まいを赤たまねぎの上とお決めなさったようです・・・あまがえるさん。


毎朝、毎朝、裏のシャッターを開けると「おはようケロっ」って聞こえてきそうなくらい
そこに必ず座ってる。たまにはお出かけしているのだろうか??


でも、カメレオンのように身を隠すために微妙に色を変えるらしいけど、
このあまがえる立派なグリーンです。
さすがに赤い色には変化できないとみえた。
それにしても我が家の裏でいることに安心しているというわけでしょうか・・。
いつも下娘サァにかえるさんのほんの間近で大声で歌われているのですが・・・。
341かえるのうたが~きこえてくるよ~341


かえるさんがそこを住みかに決めた理由はさておき、


私たちがこの家に決めた理由。


約束の土曜日早朝に家を出る、(ETCの通勤割引を利用しなくては!)

まず、物件探しに時間がかかることを想定して、アポ取ってる幼稚園に直行。

キリスト教の幼稚園。
私立はなにかと宗教がからんでいることが多い。
もうひとつ電話した大きい幼稚園は仏教の幼稚園でした。
お休みだったので園児はだれもいませんでしたが、先生は出勤していました。
園長先生は同時に教会の牧師さんでもあります。


規模的にはとても小さくて今までマァが行っていた園とは比べものにならないくらい。


でも年長さんから入るマァにとっては
大きいところよりも小さいところのほうが入りやすく、
先生にもよく見てもらえるかも。。と思ったり、
それでも今までの園のように大人数で
カリキュラムの内容も似通ってるところの
ほうがマァが年長になってやりたかったことが同じようにできるかも。。と思ったり、
私の中でかなりの葛藤がありました。

実際、その幼稚園の方針は自由にのんびりとゆったりとというもの。
とくに運動会にめだって鼓隊をするとか、
発表会に力を入れてるとかそういうことはありません。

いろいろ説明を聞いて、とりあえず後日返事しますということで幼稚園をでました。

まずは園長先生のお人柄の第一印象がよかったです。

その後、中を見学することは無理でしたが、外からだけでも、と思い
もうひとつの仏教の大きな幼稚園を見に行ってみました。

卒園式だということもあり、先生方も忙しそうにしていました。

通うのはマァなのだから、マァがいいと思う方でいいと思いました。
他にも外観から保育園も見たりしました。
そしてマァに
「どの幼稚園がいいと思う?」

マァは、
「最初に見た幼稚園。」

「なんで?」

「のんびりがいい~」

それを聞いたとき、今までの保育園ってかなりハードだったのかも!?と思った母。
確かにあれこれといっぱいいっぱいにやっていたから負担も大きかったのかも。

あと1年だからのんびりやらせてあげるのもいいかもしれないなと思いました。


そしてネットで探していた物件を押さえてもらっていた不動産屋さんに行きました。

不動産屋さんの車に乗り換えて物件を見に行きました。


日当たり良好。


徒歩数分のところに、スーパー、ドラッグストア、ファッション、ホームセンターetcあり。


玄関前に駐車場2台分込み。


裏は田んぼ。


一戸建て。


前と同じ間取りでも前よりかなり広い㎡。


システムキッチン。


足がのばせる湯船。


大通りから少し入ってるのでわりと静か。


などなど、もう他の所を見る余裕もないし、
マイナス面yよりも、プラスが多かったのでここに決定!


あれこれ迷う暇もない私たちにはラッキーな物件でした。

この短い時間の中で大切な決断をふたつ。

しか~し、どちらも数ある中からのひとつでなく、それだけを見ての決断。
時間がない私たちだけに仕方ないことなんですが、
多分それが数あって、時間もあったとしても、
ついて行くって決めたその日から決まっていたことかもしれないですね。
人生決断をせまられるときは何度もあるけど、
第一感がとっても大事なのかもしれません。

長々とおつきあいありがとうございました!
クリックしてくださればハッピーフェイスになります411
ここよ~109banner_02.gif

実は下娘サァもこの5月に2歳になり、6月からマァの通ってる幼稚園に通い始めました。
保育士さんがいて、満2歳から預かってくれるので波にのって通わせることにしました。
サァにもかなり刺激になってるようです!
午前中のみの保育なのですが、私にもほんの少し自分の時間ができました!
そこでの初めての作品です。(右がサァの、左がマァのとけい)


DSCF5581a.jpg

 2007.06.11  癒し



DSCF5650.jpg

先週の土曜日の夕方、外で遊んでいたら通り雨。


なんかとってもへんなお天気の1日でしたが、1日の終わりにこの虹。


とっても癒されました。


雨がやんでお日さまが照ってくると、
さらに色も濃く、空にはっきりときれいなアーチを描いてくれました。


DSCF5649.jpg

ここははっきり言って田舎です。

ド田舎っていうわけじゃない。でもどちらかというと、田舎。
自然とたわむれる子どもたちっていう感じ。
少し行くとホタルも自然に飛び交ってるらしい。
水もおいしい。
人々もとっても優しい。
いい所なんです。


そう、引っ越しが決まって、賃貸物件と幼稚園の見学にと引っ越しまで2週間の間に
たったの一度だけ来ました。この話はまた次回。

前に住んでいたところからは高速を使って約1時間ちょっとのところ。


そんなに遠いところではないのがよかった。
まさか住むことになるとは思っていなかったころ、
何度か遊びには来ていました。
だから全く知らないところでもなかったことが少し気持ちを楽にしてくれました。


それでもそれまで慣れた場所、親しい人たちとお別れすることにはかわりないけれど。

まず、ついて行くって決めた翌日、マァの園の担任の先生に伝えました。
あまりの突然のことに、先生はびっくりして涙涙409でした。
そういえば、マァをお迎えに行ったときでしたから、他にもたっくさんのお母さんたち、
園児たちがいたのに、人目はばからず号泣されアセアセのマァと私。
私も気分的にもらい泣き・・・(観客あり201)ピシピシっと視線を感じつつ。

そして、次にしたこと。
マァに何か残るものをと思って絵本を買ってきました。


DSCF5658.jpg

マァがいないところで用意したものなので、私の独断で選んだ絵本でしたが、
園の先生方やお友だちにお願いするのにとってもいい内容だと思って選びました。


そして何をお願いしたかというと、
この絵本の表紙の裏に寄せ書きをお願いしたのです。


これは★手作りは魔法★のナッツさんのアイデアをいただきました!


絵本に書いてもらう寄せ書きなら、直接空気に触れることなく、色あせが少ないし、
絵本を読むたびにそこで共に過ごした人たちのことを思い出すこともできます。

ただ、引っ越してきてはじめのうちは
その絵本開くと無性に寂しい気持ちになって、
想い出どころではありませんでしたが・・・^^;

今日もおつきあいありがとうございました!


クリックしていただけるとパワーがわいてきます。
よろしく!!157banner_02.gif




 

幼稚園見学は日曜日はできないし、おとうちゃんの休日は土日しかない。


引っ越しまでの土曜日は合計3回。
そのうち最後の土曜日は引っ越し日になるかもしれないので実質2回。


だからその3週目の土曜日に期日を決定。


その夜、おとうちゃんともう一度ネットで物件探し。


ちょうどヒットした物件に今まで住んでいたところと同じような間取りの家発見。
しかも一戸建て


これはいいかもって思ったけど、それが見つかったのは夜もふけてからのこと。
問い合わせは翌日にすることにして、空きがあることを祈って就寝。


そのころ、考えることが多すぎてなかなか寝付けない私は毎日睡眠不足でした。

翌日問い合わせたところ、現在空き状態とのこと。


さっそく押さえておいてもらって、その週の土曜日に見に行く約束をしました。


これでなんとか、


幼稚園1件


賃貸物件1件


土曜日に同時に見に行けることになりました。


どちらも選ぶ余地がないっていうか・・・


選ぶ暇もなく決まりそうな、そんな予感がしました。


幼稚園はもう1件、規模的にもそれまで通っていた園と同じくらいで
やってるカリキュラムも同じようなところを見つけていたのですが、
電話すると、空きはあるのですが、
その土曜日は卒園式で見学してもらえないという回答が帰ってきました。
そして忙しさのあまりか、先生の応対もあまり丁寧でなく、
用件だけ言ってさっさと切ってしまう感じでした。
こっちに住むようになっての地域の人たちの情報では
その幼稚園、とっても人気があって、入園するために前夜からならんで
願書提出するのだそうで。

そのころ家の中のことと言えば・・・


引っ越し屋さんの手配がまだで、段ボールが来ていなくて全く手つがず状態でした。


引っ越し屋さんの見積もりと、段ボールが届いたのは翌週のことでした。
そしてそのときには引っ越しまで2週間を切っていました


引っ越しストーリーまだまだつづく・・・


 今日も読んでくれてありがとう!
このクリック励みになります!!よろしく168banner_02.gif
                        Thank you!
料理などやる気をなくした母。
ストレス解消に、(ささやかな抵抗とも言える?)買ってきた
ワンコイン豪華べんとう(ご飯は家で)を堪能する何も知らない下娘、サァ。


DSCF4511.jpg