FC2ブログ
 2013.07.02  初の読み聞かせ
「読み聞かせ」って聞いたら結構緊張もするし、
聞かせないと!って構えてしまうイメージもあって
なかなか一歩踏み出せなかったのだけど、この地に来てやっと1年、
少しずつ生活のリズムも出てきて何かメリハリも欲しくなってきたところに
4月に読み聞かせのご案内が図書ボランティアを通してあったので今年は登録してみた。

どんな絵本を読もうかと考えてみた。
やっぱり自分の好きな絵本を読もうと思って、
その中でも、今の自分にできることを混ぜ込んで今回選んだ2冊は

1冊目
IMG_20130702_104313368.jpg

この本は知ってる子も多かった。でも、みんなすごく楽しそうに聞いてくれた。
ある意味参加してくれたと言ってもいいかも。
読んでいる私もすごく楽しかった。

2冊目
IMG_20130702_104302644.jpg

前置きに、
「次のお話は、すごくすご~くこわいお話です。」って言うと、
子どもたちはみんな
「えぇ」ってちょっとひきつった顔をしてくれた。願いどおりに
そして、このお話知ってるかどうか聞いてみたら
うちのサァ以外に知ってると手をあげた子はいなかったのでますますしめしめ

読み始めたら(芽)が出ましたあたりで笑いがおこり、
読み進めてもみんな笑うので、
「なんで笑うの?」って読んでる途中で突っ込んでしまった私。。
「だって面白いよ~こわくないよ~」って子どもたち。
読み聞かせの途中でつっこむのはよくないのかな?(よくわからないけど・・・ま、いいか。)
最後のページで、笑っていた子どもたちの顔が一瞬。。。ほんの一瞬
ひきつりました
そしてまたど~っと笑う子どもたち。

そんな低学年のリアクションがとっても嬉しかった。

そして、少し時間が余ったので、
「『ぼちぼちこか』は本当はアメリカの人が作った絵本で英語で作られたものを
日本語にしているもので、しかもこのカバくんはなぜか大阪弁だね。
少し時間あるので英語でも読んでみるね、そして、「できない」というのは
日本語ではいろんな言い方があったけど、英語では"NO"ひと言だね。
そのかわり字の大きさが少しずつ大きくなってるね。」

と前置きしてから英語で読み始めたら子どもたちはのってくれて
"NO"の部分をみんなで声を合わせて言ってくれました。
しかもその"NO"は字の大きさに合わせてクレッシェンド!
私が前置きで言ったことをちゃんと聞いてくれていたわけで、
2年生に拍手!

読み終わって感想を言ってくれました。

「うえきばちです」の最後のところがびっくりしました。
「ぼちぼちいこか」を英語でも読んでくれてとても面白かったです。

最後にみんなで
「ありがとうございました」
と大きな声で言ってくれるのを聞いて、
こちらこそ・・・
「ありがとうございました!」

家を出る時には緊張でいっぱいだったけど、
教室に入ってみんなの顔を見るとなんかワクワクしてきて、
みんなの笑顔を見て心がホッとして私の初、読み聞かせ無事終了。

・・・と最近は日々何か刺激を求め、
図書館でいろんな本を借りてきて
いろんな作家が書いた本を読みいい言葉を書き留めながら

時々ジャズのライブを聴きに行って演奏している方たちから
パワーをもらい

受け身でいるばかりでなく、
今日はこうして新しいことにチャレンジして
32人の子どもたちと担任の先生の前に立って、お話を与えてあげる、
そのかわりに子どもたちの笑顔からパワーをもらう
とても素敵な一瞬でした。

2年ごとに引っ越し、ひとところに落ち着かない自分の環境だけど、
何か味のある生活がしたいし、そうするために動く、その一歩が必要って強く感じます。

子どもたちにいっぱい「ありがとう!」
スポンサーサイト



 2007.09.26  こぐまちゃん

こぐまちゃんシリーズ。


今、サァの大好きな絵本。


DSCF7417.jpg

こぐまちゃんの絵本なら読めるよ~と読んであげる姉。微笑ましい光景です。


夜中に蚊にさされ・・・


ただでさえはれぼったいお顔がさらにはれてる。


DSCF7369.jpg

そして1日たった今朝はもうちょっとはれてるのでありました。


4人で寝てるのにやっぱりターゲットはこの人でした。


昨日はおつきさまとってもきれいでした。


しばらく3人でながめていました。


banner_02.gif励みのクリックお願いします!