FC2ブログ
 2012.12.04  ひとつクリア
無事マァのピアノの本番が終了。

本番では3分以内で2曲弾き、その演奏中に

3人のアドバイザーの先生方が判定。

S A B C D という基準があり、

S 感動の度合いが非常に大きい演奏
A 音楽性やテクニックなどにプラス要素のあった演奏
B 該当するステップに十分な合格レベル
C 合格です もう一息の努力・工夫でさらに充実した演奏に
D もう一度同じステップにチャレンジ!

合格証書は全アドバイザーより2曲ともにC以上の評価だった場合にもらえる

マァがいただいた評価

1曲目 ブルクミュラー25の練習曲の23番 は、A B B
2曲目 ピアノの練習ABC 第15番 は、 B A A

そして演奏を聴いて、各曲に各アドバイザーの先生がコメントを書いてくれるので
励みにもなる。

PTNA STEPは人前で弾くことプラス評価を受けるこで、
発表会とは違った緊張感と刺激があると思う。

さて次はピアノ教室の発表会。
今度は私もマァと一緒に連弾の予定。
2週間がんばろう   
スポンサーサイト



 2009.02.16  もう大丈夫
水ぼうそうで隔離中。。。ずっとこもりっぱなしの日々でした。

音楽会も欠席、日曜日に予定していた梅花見もキャンセル・・・でも

その間にレパートリー増えました

ねこふんじゃった



きらきらぼし



そして、音楽会のあった日、担任のK先生がお見舞いがてら音楽会のおみやげのお菓子の袋と
アンパンマンのお面を持ってきてくれました。

「お母さんに踊ってあげてね~」

と先生に言われて、

「もうわすれっちゃったよ~」

と照れるサァでした。

DSCF7517.jpg
これじゃあどっちがアンパンマンかわからないわ

今朝小児科に行ってきました。

同じように水ぼうそうで登校許可書をもらいにきたという(サァは行ってもいいと口答のみでOK)
小学校1年生の女の子と、中学生の男の子がいました。
中学生になって発症した男の子はやっぱり熱が2,3日続いたり結構大変だったそうです。
小学生でも学校を数日休まなくてはいけないし、医療費もかかるし、で
そのお母さん方からは「早くてよかったね。」と言われました。

診察までは隔離室で待機させられ、
名前を呼ばれ、先生に診てもらい、
「明日から幼稚園に行っていいよ!」
とOKの言葉をいただきました。

幼稚園に行ける~って大喜びのサァでした。

今日も励みのクリックお願いします!

blog.with2.net/link.php?479202156
ありがとうございました!




 2009.01.26  I can play・・・
11月に始めたピアノレッスン。でも1ヶ月で嫌になってやめてしまったのは
ここでは報告していませんでした。

そうなのです。初めは楽しんで一生懸命練習してたけど、
しばらくすると断固として嫌だ!と言い張るので
無理矢理させるのはかわいそうだし、イヤだというならしかたない。

たった1ヶ月で休止?させてもらいました。

そしてあれから2ヶ月ほどおねえちゃんの練習のかたわら邪魔したり、
大きな声で歌ったりしながら過ごしてきました。

おねえちゃんのピアノ発表会を客席から見ることになったサァ。

あの舞台に本当だったら立っていたはずの自分。

ちょっとくやしいサァなのでした。

それからは毎日家で、おねえちゃんにも教えてもらいながら発表会ごっこをしていました。

私にも教えて~とよく言うし、おねえちゃんはピアノの先生ごっこで
なかなか厳しい先生を演じてくれます。

それにも耐えて?生徒役のサァはここまで弾けるようになってきました。

聞いてやって下さい

1,大きな栗の木の下で


2,こぎつね


3,メリーさんのひつじ


来年の発表会には参加できるかな?

今日も励みのクリックお願いします!

blog.with2.net/link.php?479202156

一年間の成果発表の日。

プログラムは5番目に入れてもらったマァの弾いた曲は、

「聖者の行進」
「喜びの歌」

当日まで左手のミスタッチが気になりながら本番を迎えてしまいました。

ところが、本番、マァはミスタッチをひとつもすることなく、無事演奏を終えて、
聞いてる私のほうがドキドキでした。

堂々とひとつひとつの音を響かせて弾いていました。

DSCF0239a.jpg

舞台から降りてきたマァの顔に自然と笑みが浮かび、本人もほっとしていた様子。

そして、実は私の緊張感はこの後も続くのです。。。

第2部は連弾。

マァは私と親子連弾をすることになってたわけで・・・
当日まで二人でバトルをくり返しながら練習してきました。

壮絶?なバトルの日もありました!

なんせ、練習をするよりもアニメが見たい!
練習よりも遊びたい。。。
だから練習は間違えようが1度通すだけで終わろうとするマァの尻をたたいて、
何度も練習させようとする母。

じゃあ練習しないでみんなの前で間違って満足できない演奏になっても知~らない!って
突き放してみたり・・・

泣きながら練習したり・・・

こうして自分たちの番が来ていざピアノの前に座ってみたら、
きっと、私のほうが緊張してる!って感じました。

手もペダルを踏む足も震えてるわ。。私。

マァに偉そうに説教しながら練習させて、自分がもし間違えてしまったら・・・
私が間違えてマァもつられて止まったりしたらかわいそうだし、
いろんなこと考えるとほんとプレッシャーでよけいに緊張したわっ

とにかくマァには本番前、
「お母ちゃんが間違えたり止まったりしても無視して弾いてって」
と念を押して・・・

曲は
「大きな古時計」

なんとか止まることも、音の間違いもなく、無事終了。

こんな緊張感って久しぶり!
結婚して専業主婦してると特にそう思いました。
たまには生活に張りもでていいかも。

子どもと連弾することは私もとっても嬉しいこと。
いい経験をさせてもらいました。
ありがとう。。。

DSCF0339a.jpg

まめに更新しない無精な我がブログ・・・ランキングも200番台にあがっていたのに
がた落ちでございます。。

ぜひぜひ励みのクリックお願いします!

blog.with2.net/link.php?479202156


3歳4ヶ月。ピアノレッスン歴1ヶ月。

がんばってます!

絵を見てそれをピアノで表現するというレッスンを受けてきていましたが、

初めてドレミファソを5本の指で弾きました。



とうとう10月。

うちは二人とも運動会を無事終えました。

そして、私はそれぞれの大玉ころがしに親子で出場しました。

今日も励みのクリックお願いします!

blog.with2.net/link.php?479202156