FC2ブログ
 2008.01.31  選食力

食育の3本柱のひとつである


「選食力」


でもこの範囲を超えてしまう出来事が最近多い。


食育の勉強を始めてからは私も


買い物するときにはその袋の表、裏を結構よく見てから買うようになった。


特に、消費期限や賞味期限


次に原産国


そして、添加物


以前はそんなに原産国に関しては神経質にはなってなかった私ですが、


農薬のことや、フードマイレージ(食品の輸送距離)のことやいろんなことを考えるようになり、


その上、いろんな食品偽装があったりする中でかなり神経質になってます。


餃子、ハンバーグ、ロールキャベツ、できればコロッケなど、


加工されてしまうともともとはどんなものだったのか、


何がその食材の中に入っているのか、


全くわからない。


以前は餃子は自分でつくるより冷凍等できあがったものを買って


焼くほうが安いと思ってよく買っていました。


でも最近こどもが大きくなってきて、子どもと一緒にクッキングするメニューで


餃子はなかなか楽しいので手作りするようになりました。


昨日から騒がれているのは主に冷凍食品の餃子。


それにくっついて他のいろいろな冷凍食品が自主回収にあげられています。


冷凍食品の袋の裏を見てみると、中国産の多いことに驚きます。


簡単に使えるとっても便利な食材。


思わず手に取ってしまいつつ裏の表示を読んでもとの陳列にもどしてしまう。


同じ物でも安い方の裏には必ずと言っていいほど「中国産」の表示。


結局めんどうでも皮を剥かなきゃいけない里芋、いんげん、ごぼう、れんこん・・・


あげればきりないけど、地産地消をめざす私。


とりあえず、日本に住んでる限り日本産の食材を買うようにしてます。


そして、できれば今住んでるこの近辺で採れた野菜や魚を買うようにしています。


でもそんなこんなも今の自分は仕事をしているわけでもなく


そういうことに時間を費やせる状況にあるからできること。


これが仕事をしていたりするとやっぱり冷凍食品や総菜に頼ることになると思います。


そんなときに自分の選食力だけが頼りになります。


でも、いくら選食力があっても


こんな見えないところで何かが起こっていることまで


見抜く力なんてどうやってつければいいのでしょう・・・・・361


これからの子どもたちに


この「安全な食べものを選ぶ力」を


どうやって教えていけばいいのでしょう361


安全な食材選びにはまず、それを売っているお店がきちんとしているかが大切といわれます。


でも、co・opのものだったら安全と思いますよね。


今回の食品の中にはco・opの名前を掲げているものもありました。


ほんとに難しい問題だと感じました。


今日は我が家は手づくりハンバーグです。


こんなことを言い出したらきりがないけど、


スーパーで買う、ミンチって安全なのかな3


今日もおつきあいありがとうございました。


励みのクリックお願いします。157blog.with2.net/link.php?479202


ランキングを見るのはとっても楽しみーなのです。




 


 


  

スポンサーサイト